お葬儀note
お葬儀情報

仏壇を購入するときはそうしたらいい【購入HOWツー】

News

タイプ色々仏壇

線香

日本の誰もが存在を知っている仏壇ですが、現在は効果な素材を使用して高級感溢れる高額な物から、最低限の素材で造られた安価で使いやすいメジャーな物までもが揃っています。

宗派を踏まえて

葬儀場

仏壇を購入する際に最も気をつけなければならない事といえば販売価格になります。宗派を考えずに安いからという理由で購入してはなりません。宗派の事を考えるなど、値段だけではなく色々な事を踏まえて購入しましょう。

Topics

場所に適した物を

お焼香

仏壇は設置する場所に適しているものを選んで購入する様にしましょう。そうでなければこれから末永く使っていくというのに部屋の外観に合わず大変な事になります。大切な買い物でありますので大切に事を進めましょう。

詳しく読む

価格を知ろう

多くの方から選ばれる桐ヶ谷斎場なら安心して親族を送り出すことができますよ。詳細についてはこちらをご覧ください。

葬式を行なうならこちらの会社に相談してみましょう。故人や遺族の希望に合わせて葬儀プランを選ぶことが出来ますよ。

仏壇の種類とその価格差

数珠

誰もが一度は仏壇を目にしたことがあるかと思います。寺院では、かなり立派なものが置かれています。今回は、その価格についてご紹介します。仏壇の価格は、安価なものから高額なものまで様々で、その差は数百万にもなります。この価格の差にはいくつかの理由があります。工法や素材の質の違いや、装飾具にも使う金箔や漆の品質、彫物や蒔絵の技術差などです。あと仏壇の大きさや、最近では、部屋の雰囲気に合ったデザイン調のものまであるようです。タンスや棚の上における小さなもので、5万円から10万円程度。唐木のものですとサイズによって50万円から120万円ほどで、金造りになると80万円から200万円を超えるというすごい価格差のものも出てきます。デザインのもなどは、50万円くらいからあるようです。

変わりつつある先祖の供養

仏壇とは、仏教寺院では本尊を祀る須弥壇であり、一般家庭では、先祖や家族の死者の位牌を安置する場所となっています。内部は各宗派の仏堂を模して、豪華な作りとなっています。また、仏壇の原型は玉虫厨子と言われています。現在のように仏壇が一般に普及しだしたのは、江戸時代初期のようです。幕府の寺請制度により、何れかの寺院を菩提寺と決め、その檀家になることが義務付けられました。その証として仏壇を設け、拝んだり供養したりといった習慣が確率されました。現在では代替わりと共にお寺の檀家も減りつつあります。また、高額だからと仏壇を購入しない家庭もあり、先祖の供養を行う法要も、今ではやらない人たちも多いようです。時代とともに、古い習慣は消えてゆくのかもしれません。

LINK

Copyright(C) 2015 仏壇を購入するときはそうしたらいい【購入HOWツー】 All Rights Reserved.

上へ戻る